2022年にインフルエンザは流行するか

米国の統計によると、2020年、2021年の両年は、インフルエンザの流行は緩やか

でした。世界中で、マスクを着用する、外出を控える、Social Distanceを保つ等の習慣が根付いたからだと推測できます。例年米国では、インフルエンザによる死亡者は、2万から4万人ほどになりますが、2021年は、1万人、2020年に至っては、死亡率が計れないほど死亡者が減少したようです。今年、2022年は、インフルエンザは、またもや流行するというのが、専門家の見解です。理由としては、皆のインフルエンザに対しての免疫が弱まっているからで、それは気候が逆の南半球のオーストラリアで4か月前にインフルエンザが顕著に流行したことで証明できるでしょう。