癌はmRNAワクチンで治せるか

現在、皆さんが受けているファイザーとモデルナのコロナワクチンはmRNA(メッセンジャーRNA)を使う新しい技術で製造されています。

mRNAの技術は1990年代に開発されましたが、新型コロナウイルスのワクチンでこの技術が初めて、現実的に適用されました。mRNAテクノロジーは新型コロナビールス以外に、癌細胞にも適用できる可能性があるようです (Nature.com)。つまり、癌細胞の表面にある特有な蛋白質を作るmRNAを使います。免疫細胞(白血球)がこの癌特有蛋白質に対して抗体を作り、癌細胞そのものに対して、免疫を作ります。これによって、体の免疫細胞が癌細胞を破壊し、癌を予防注射で治すことが出来るという原理です。以前、ワクチンは色々な方法で製造していましたが、mRNAワクチンは比較的有効で、迅速かつ格安に製造できる上で、近々、癌患者一人一人に合った、特有なワクチンが出来ることが可能になりました。



Unlocking the potential of vaccines built on messenger RNA (nature.com)